特集 熊本地震5年

熊本地震とは

 2016年4月14日午後9時26分、マグニチュード(M)6.5の地震が熊本県内で発生し、震源地に近い県央の益城町では震度7を観測した。気象庁は直後の会見で「1週間は震度6程度の余震に注意を」と呼び掛けた。だが28時間後の16日午前1時25分、誰もが予想していなかったM7.3の「本震」が襲い、観測史上初めて、同じ益城町で再び震度7を観測した。14日は後に「前震」と呼ばれるようになった。

 熊本県内に未曽有の被害をもたらし、死者は関連死を含め、273人に上り、2700人以上が負傷した。住宅の被害は20万棟近くに上り、最大4万7000人が住み慣れたわが家を追われ、仮住まいを強いられた。4月だけで最大震度5弱以上の強い揺れが22回、震度1以上の地震は3000回を超えた。

 ふるさとの景色や暮らしが一変し、混乱と恐怖に包まれた「あの日」から5年。熊日の記事や写真で郷土の歩みを振り返った。

概要

前震 本震
発生日時 2016年4月14日(木)
午後9時26分
2016年4月16日(土)
午前1時25分
震源地 熊本県熊本地方
(北緯32度44.5分、東経130度48.5分)深さ11㎞
熊本県熊本地方
(北緯32度45.2分、東経130度45.7分)深さ12㎞
マグニチュード 6.5 7.3
最大震度6以上を観測した市町村
震度7
益城町
震度6弱
熊本市、玉名市、宇城市、西原村、嘉島町
震度7
益城町、西原村
震度6強
熊本市、菊池市、宇土市、宇城市、合志市、
大津町、南阿蘇村、嘉島町
震度6弱
八代市、玉名市、天草市、上天草市、阿蘇市、
美里町、和水町、菊陽町、御船町、山都町、
氷川町、大分県別府市、大分県由布市

被害状況

2021年3月12日現在

死亡 50人
震災関連死 218人
大雨による二次災害死 5人
負傷者 2738人
建物 198632棟

市町村別の犠牲者数

熊本地震5年メイングラフィック

選・あの時何が?

 

動画の記録

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note