会員限定

「予算をどう使うか」「市長の決断が決め手」 兵庫県明石市 佐野洋子副市長インタビュー

熊本日日新聞 2023年5月5日 03:04
熊日、西日本新聞、南日本新聞の合同取材に応じる明石市の佐野洋子副市長=4月25日、兵庫県明石市
熊日、西日本新聞、南日本新聞の合同取材に応じる明石市の佐野洋子副市長=4月25日、兵庫県明石市

 「すべての子どもたちをまちのみんなで支える」を理念に掲げる兵庫県明石市。18歳までの医療費や第2子以降の保育料など、所得制限のない「五つの無料化」のほか、幅広い施策を展開し「子育て支援先進地」として注目を集める。方針を打ち出した泉房穂[ふさほ]前市長の就任後、子育て支援課長やこども局長を務めた佐野洋子副市長(57)に、これまでの道のりや今後の課題を聞いた。(九州4紙合同取材班)

 -なぜ子ども施策に力を入れるようになったのですか?

 「泉前市長の就任前は、明石市も人口減少の問題に直面していた。『子どもを支援していくのが行政の仕事』という前市長の考えが何より大きかった」

この記事は会員限定です。
熊日IDに登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1102字(全文 1392字)

KUMANICHIPICK

くまにちレコメンド
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本のニュース