熊本県内の新規感染413人 2日連続で過去最多 新型コロナ

熊本日日新聞 | 2022年01月15日 20:14

 熊本県と熊本市は15日、県内で過去最多となる413人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。最多は2日連続で、14日の390人を上回った。1週間前の土曜日と比べて7倍に増えた。10代と20代が6割を占めた。県内での感染確認の累計は1万6034人(うち熊本市9195人)。

 居住地別は、熊本市255人▽八代市43人▽益城町15人▽宇城市12人▽玉名市、合志市、菊陽町各9人▽御船町7人▽天草市6人▽人吉市、菊池市各5人▽山鹿市、大津町各4人▽阿蘇市、嘉島町各3人▽宇土市、甲佐町、山都町各2人▽荒尾市、水俣市、上天草市、美里町、長洲町、和水町、小国町、西原村、南阿蘇村、氷川町、芦北町、津奈木町、湯前町、相良村、あさぎり町、長野県、福岡県、沖縄県各1人。

 年代別は、10歳未満12人▽10代62人▽20代183人▽30代49人▽40代53人▽50代23人▽60代17人▽70代12人▽80代、90代各1人。

 県と熊本市は、ゲノム(全遺伝情報)解析で新たに60人の変異株「オミクロン株」への感染を確定し、県内では計71人となった。(潮崎知博、上野史央里)

熊日電子版「データで見える熊本県内感染状況」
※集計時間等が異なるため、最新の記事とは人数が違う場合があります。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube