新阿蘇大橋が開通 一般車両の通行始まる

熊本日日新聞 | 2021年03月07日 15:11

新阿蘇大橋の開通式典で通り初めする関係者の車両。奥が立野方面=7日午後0時20分ごろ、南阿蘇村(高見伸)

 2016年4月の熊本地震で崩落した阿蘇大橋の約600メートル下流で再建が進んでいた国道325号新阿蘇大橋(南阿蘇村)が7日、開通し、午後3時から一般車両の通行が始まった。

 通行開始前、国道57号から橋に入る交差点には、開通を待ちわびた観光客らの車が長蛇の列をつくった。橋の東側に村や県などが整備した展望所「ヨ・ミュール」にも多くの車が停車し、立野渓谷や熊本平野を一望する景色を楽しんだ。

 国交省によると、九州自動車道熊本インターチェンジから南阿蘇村役場までの所要時間は、これまでの代替道路だった阿蘇長陽大橋ルートを使った場合より2分、震災直後からは27分、それぞれ短縮される。

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note