国際クルーズ船の拠点を目指す八代港の整備イメージ。手前には旅客ターミナル(四角の建物)と、くまモンをテーマにしたおもてなしゾーンが広がる(県提供)

 国際クルーズ船の拠点を目指して八代港(熊本県八代市)の共同開発を進める国土交通省と県、運航会社ロイヤルカリビアン・クルーズ社(米国、RCL)は5日、同港整備の基本計画を発表した。RCLが旅客ターミナ...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube