プラスチックごみなどを自動で回収する装置(手前)の実証実験を始めたサステナブルジャパンの東浜孝明社長(左)と魚住泰史郎専務=水俣市

 熊本市のベンチャー企業「サステナブルジャパン」は16日、水俣市の丸島港で、海に浮遊するプラスチックなどを装置を使って自動回収する実証実験を始めた。30日まで続ける。
 装置は、オーストラリアで開発され...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note