あらゆる投薬法で「七転八倒」「遺骨は青く」 熊本・ハンセン病療養所で「虹波」人体実験 園長の目の前で…入所者が証言 菊池恵楓園

熊本日日新聞 | 2022年12月5日 09:38

image

 戦時中、国立ハンセン病療養所・菊池恵楓園(熊本県合志市)の入所者に「虹波[こうは]」と呼ばれる薬剤が投与され、9人が死亡したことを示す文書群を同園が初めて開示した。同園で治験が始まったのは1942年末。静脈注射や筋肉注射、座薬などあらゆる...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1060字(全文 1180字)

ハンセン病

ランキング

イベント情報