陸軍「虹波」開発 熊本医科大と恵楓園も深く関与 「壮大な人体実験」戦後まで

熊本日日新聞 | 2022年12月5日 10:00

image

 陸軍が主導した「虹波」の開発には、熊本医科大(現熊本大医学部)と国立ハンセン病療養所・菊池恵楓園(合志市)も深く関わっていた。  今回見つかった恵楓園の資料によると、熊本医科大から虹波の研究に関わったのは、体質医学研究所の波多野輔久教授...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 669字(全文 789字)

KUMANICHI レコメンド

ハンセン病

ランキング

お出かけ情報