ハンセン病を「天刑病」 明治期の診断書、菊池恵楓園で見つかる

熊本日日新聞 | 2021年10月21日 07:30

image

 熊本県合志市にある国立ハンセン病療養所・菊池恵楓園で、ある男性の病名を「天刑病[てんけいびょう]」と手書きした明治期の診断書が20日までに見つかった。天刑病は「天が与えた罰」を意味する言葉で、ハンセン病を巡る差別の歴史を検証する上で貴重な...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 516字(全文 636字)

KUMANICHI レコメンド

ハンセン病

ランキング

お出かけ情報