芦北町が初の復興住宅に着工 佐敷、湯浦の2カ所 東京五輪で使用の県産レガシー材も活用

熊本日日新聞 | 2022年9月29日 13:23

image

 2020年7月の豪雨災害を受け、芦北町が佐敷、湯浦両地区に1棟ずつ建設する災害公営住宅(復興住宅)の起工式が29日、現地であった。両地区に計21戸を整備し、23年7月から入居できる見通し。  復興住宅の着工は町内で初めて。佐敷地区では1...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 305字(全文 425字)

熊本豪雨

ランキング

イベント情報