熊本県内、4日連続4千人超え 新型コロナ 新たに4065人感染、5人死亡

熊本日日新聞 | 2022年8月5日 22:21

 熊本県と熊本市は5日、新たに4065人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。前週の金曜日から3%増え、4日連続で4千人を超えた。県内感染者は20万5811人(うち熊本市10万745人)となった。

 感染者の死亡は5人。熊本市の90代女性と90代男性、60代男性、水俣保健所管内の90代女性、菊池保健所管内の80代男性が亡くなり、感染者の死亡は計399人となった。

 新規感染者の居住地別で多いのは熊本市2079人、八代市219人、玉名市157人など。年代別は30代653人、40代645人、10歳未満596人と続いた。

 新たなクラスターは10例。山鹿市の高齢者住宅「メゾン・ソレイユたい志」・通所介護事業所「デイサービスセンターたい志」のほか、高齢者施設4カ所(菊池保健所管内2、八代、山鹿保健所管内)、医療機関2カ所(熊本市中央区、八代保健所管内)、熊本市東区の有料老人ホーム、南区の特別養護老人ホーム、有明保健所管内の障害者施設で確認され、県内の累計は829例となった。

 県内のリスクレベル判定の指標となる最大確保病床使用率は、前日から0・7ポイント下がり68・5%(熊本市87・9%)。重症用は変わらず14・7%(熊本市40・0%)だった。(内田裕之)

熊日電子版「データで見える熊本県内感染状況」
※集計時間等が異なるため、最新の記事とは人数が違う場合があります。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube