【つながり支える 現場から①】最後のとりで守る「手弁当」 コロナ禍の孤立防げ…熊本県内の有志が支援 

熊本日日新聞 | 2022年1月30日 11:30

image

 新型コロナウイルス禍によって他者とのつながりを断たれる人たちが増える中、熊本県内の有志たちが孤立や孤独を防ごうと活動を続けている。政府もようやく対応に乗り出したが、担い手の確保や資金の捻出は喫緊の課題だ。支援の現場からリポートする。  ...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1335字(全文 1455字)

ランキング

イベント情報