熊本城復旧の歩み、写真パネルで紹介 5月5日まで上通アーケードなど巡回展示

熊本日日新聞 | 2021年04月25日 11:00

上通アーケードで始まった、熊本城復旧の歩みを紹介する写真パネル展=熊本市中央区(高宗亮輔)

 熊本地震で被災した熊本城天守閣内部が26日から一般公開されるのを前に、熊本市中心商店街等連合協議会は24日、熊本城復旧工事の歩みを写真パネルで紹介する「復興記念祭」を同市中央区の上通アーケードで始めた。5月5日まで、各アーケードを巡回する。

 市熊本城総合事務所の協力で、被災直後の状況や、着々と進む復旧工事の過程を記録した写真108枚を展示。城の基礎構造なども見ることができる。

 新型コロナウイルスの感染拡大で天守閣に入場できる人は当面県内在住者に限られるが、「まずは県民に復興過程を知ってもらい、天守閣の復旧を祝いたい」と同協議会。

 上通での展示は26日まで。下通(5月1~3日)、サンロード新市街(同4~5日)と続く。熊本城にまつわるクイズラリーも実施している。(中尾有希)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note