熊本・美里町が「5歳児健診」スタート 就学前に発達確認、早期支援も

熊本日日新聞 2024年5月21日 19:59
美里町で始まった「5歳児健診」。小児科医(右)が身体の発達や会話の能力などを確認した=20日
美里町で始まった「5歳児健診」。小児科医(右)が身体の発達や会話の能力などを確認した=20日

 熊本県美里町は本年度から、町内の子どもを対象にした、小児科医らによる「5歳児健診」を始めた。小学校入学前に子どもの発達状況などを確かめ、必要な場合は適切な支援につなげる。

 母子保健法では1歳半と3歳児の乳幼児健診を義務付け。国は昨年度から、発達障害などへの早期対応につなげるため、ほかの年齢で健診を実施する自治体への財政支援を始めた。就学前まで、切れ目ない健診体制をつくる狙い。

 熊本県子ども未来課によると、県内での実施は昨年9月時点、南小国町や山江村など7町村のみ。子どもの発達を専門とする医師の確保が難しいという。

 美里町では本年度、約30人が受診予定。健診後は、4月開設の町こども家庭センターが相談に応じ、児童発達支援などにつなげる。

 初健診の20日は、同センターで2人が受診。小児科医が生活習慣や栄養状態、言葉の発達などを確認し、心理士が母親の悩みなどを聞き取りした。健診した小児科医の間部裕代さん(62)は「発達障害の発見だけではなく、就学前に日常生活を整え、困った時に子どもがSOSを発信できるよう寄り添いたい」と話した。(清島理紗)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本の教育・子育て