世界初、地震前後の「ずれ」展示 熊本地震前後の布田川断層、標本に 熊本県防災センター

熊本日日新聞 2024年3月28日 11:53
左側が熊本地震後の布田川断層の標本。右隣の地震前の標本と比べると、右上から斜め下に走る地層の境目が約50センチずれている=28日、県庁
左側が熊本地震後の布田川断層の標本。右隣の地震前の標本と比べると、右上から斜め下に走る地層の境目が約50センチずれている=28日、県庁

 2016年の熊本地震を引き起こした布田川断層の標本の展示が28日、熊本県庁の防災センターで始まった。従来から展示されていた発災前の同一地点の標本と比べると、約50センチずれており、揺れの激しさを実感できる。地震前後の断層の標本が並ぶ展示は世界初という。

 新たな標本(高さ2・4メートル、幅2・6メートル)は、東北大と熊本大の研究グループによる昨夏の断層調査の際、益城町福原の畑で地層の断面の土を剝ぎ取って作成。1996年にも県の活断層調査で標本を採取しており、地表付近の地層の境目が水平方向に50センチ前後動いた痕跡を確認できた。

 県によると、地震前後の断層を比較してずれを確認したのは米国とニュージーランドに続いて3例目。標本が残っているのは熊本だけという。

 調査に当たった熊本大の鳥井真之特任准教授(地質学)は「地下の断層の動きは建造物の設計などにとって重要なデータとなる。実際に掘削しての研究はまだ少なく、標本は大変貴重な資料だ」と説明した。

 標本は防災センター1階の展示・学習室で、平日の午前9時~午後5時に無料公開する。(堀江利雅)

KUMANICHIPICK

くまにちレコメンド
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
防災くまもと