能登地震「対話や交流促す支援を」 熊本学園大の高林教授インタビュー 輪島市の避難所「阪神大震災と同じ状況」【重なる課題】

熊本日日新聞 | 2024年1月23日 19:04

image

 能登半島地震で自宅の倒壊や断水、停電などの影響を受けた被災者は、厳寒の避難所で過酷な日々を過ごしている。熊本地震で被災者の生活支援を続けてきた熊本学園大の高林秀明教授(54)=地域福祉論=は12~15日、石川県輪島市の避難所を訪問。先の見...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1024字(全文 1144字)

KUMANICHI レコメンド

熊本地震

ランキング

お出かけ情報