ジャニーズ「A.B.C-Z」が初のゴールデン冠番組 熊本で13日スタート

熊本日日新聞 | 2021年04月08日 12:00

初のゴールデン帯冠番組がスタートする「A.B.C-Z」の塚田僚一(左)と橋本良亮=熊本市中央区
第一高合唱団をサプライズ訪問し、冠番組スタートを報告する塚田僚一(前列左)と橋本良亮

 ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「A.B.C-Z」の初のゴールデン帯冠番組となるバラエティー「あっぱれ!A.B.C-Z」(テレビ熊本、第2火曜午後7時)が13日、放送スタートする。同局の独自制作で、ジャニーズのタレントが地方局で冠番組を持つのは異例。5日、来熊したメンバーの塚田僚一と橋本良亮に見どころなどを聞いた。

 番組では同グループの5人(ほかに戸塚祥太、河合郁人、五関晃一)が熊本県内各地を訪れ、人との出会いやさまざまな物事を体験する。「私たちがいろんな事に体を張って挑戦し、皆さんに『あっぱれ!』と言ってもらおうという番組です」と塚田。

 初回放送では、障害物のあるコースを走ったり跳んだりして移動する新スポーツのパルクールなどに挑む。アクロバットは得意の5人だが、橋本は「今までやったことのないハードルの高いチャレンジもあった」と撮影を振り返る。

 昨年10月、TKUの「若っ人ランド」にリモートでゲスト出演した塚田が、豪雨災害に遭った人吉市の映像に心を動かされたのが始まり。「グループとして熊本に何かできないか」。その後、同番組やイベントを通じて当地と関わる中で5人の“熊本愛”が高まり、冠番組につながった。

 塚田と橋本は「出会う人たちと互いに高め合い、ゆくゆくは一緒にお祭りみたいなコンサートをするのが夢」「見る人に『面白いグループ』と思わせながら感動もさせたい」と意気込んでいる。

 5日には塚田と橋本が、第一高(熊本市中央区)の音楽室で練習中の合唱団をサプライズ訪問し、約40人の部員たちと交流。昨秋のイベントで同校や信愛女学院高、玉名高の合唱団と一緒に歌ったのがきっかけで熊本との絆が深まり、番組が生まれることになったと感謝を込めて報告した。

 合唱団部長の鶴田桃香さん(3年)は「驚いたけどうれしかった。テレビで活躍される姿を見て、私たちも頑張る力をもらえます」と新番組を楽しみにしている。(三國隆昌)

A.B.C-Z 2008年結成の男性アイドルグループ。ABCは「アクロバット・ボーイズ・クラブ」の略。メンバーは橋本良亮[はしもとりょうすけ](27)、戸塚祥太[とつかしょうた](34)、河合郁人[かわいふみと](33)、五関晃一[ごせきこういち](35)、塚田僚一[つかだりょういち](34)の5人。テレビ東京に冠番組「ABChanZOO」があるほか、2020年11月からTKU「若っ人ランド」にレギュラー出演。14日には新譜「Nothin’butfunky」をリリースする。

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note