熊本県健康危機管理課は17日、県内のインフルエンザ患者が増加し、大流行を意味する「警報レベル」になったと発表した。今後1~2カ月は続くとみられ、同課はうがいや手洗いなど予防の徹底を呼び掛けている。 ...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube