イメージ図は下側が北で、ダムの周囲を走るのは県道熊本高森線。「埋め立て」部分は現在の貯水池で、その下側が現在の堤体

 熊本県は9日、熊本地震で被災した西原村の農業用ため池「大切畑ダム」の復旧・復興事業を推進する事務所を同村小森に開設し、現地で開所式を開いた。2019年度に本体着工し、23年度に完成する見通し。堤体(...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube