透明マスクを受け取り、実際に使って見せる児童発達支援センター県ひばり園の木庭結雅さん=9日、熊本市東区

 新型コロナウイルス感染症の拡大で多くの人がマスクを着け、聴覚障害者だけでなく吃音[きつおん]など発語障害のある子どもたちも他者の口元を見て学ぶ機会を失っている。難聴や発語障害の子どもの保護者でつくる...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note