「人形浄瑠璃に俺はなる!」 漫画ワンピース、清和文楽とコラボ 11月上演へ参加者公募

熊本日日新聞 | 2022年05月18日 12:37

人気漫画「ワンピース」と清和文楽がコラボする舞台のイメージ画像(C)尾田栄一郎/集英社

 熊本県の蒲島郁夫知事は18日の定例記者会見で、人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」を題材に、山都町に伝わる人形浄瑠璃「清和文楽」の舞台を制作すると発表した。県などの実行委員会は県立劇場での公演(11月5、6日)を目指し、人形芝居や語りを練習して上演する一般参加者の募集を始めた。

 熊本市出身の作者、尾田栄一郎さんの協力で銅像設置などを進める熊本地震復興プロジェクトの一環。国内外の幅広い世代に愛される漫画と、170年の伝統がある県重要無形文化財の融合で熊本の魅力発信につなげる狙い。ワンピースは歌舞伎俳優市川猿之助さん主演の舞台になったことでも注目されている。

 県や山都町、地元保存会などでつくる実行委と、漫画出版元の集英社が演目やストーリーなどをまとめ、7月に制作発表する。一般参加は、浄瑠璃の語りを担う「太夫[たゆう]」と人形遣いを清和文楽館ホームページで募集している。

 蒲島知事は「ワンピースと伝統の化学反応で、どんな世界観が生まれるかワクワクしている」と述べた。実行委事務局☎096(333)2158。(堀江利雅)

漫画「ワンピース」を題材にした清和文楽の舞台制作を発表する蒲島郁夫知事=18日、県庁

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube