熊本市の飲食店クラスター9人に 新型コロナ 県内の新たな感染8人

熊本日日新聞 | 2020年12月07日 19:52

 熊本県と熊本市は7日、新たに8人(熊本市6、甲佐町1、菊陽町1)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。このうち2人は、クラスター(感染者集団)が発生した熊本市中央区新市街の飲食店を利用していた。県内での感染者は1099人(うち熊本市580人)となった。

 飲食店は「ジェントルモンスターズブラック」。接待を伴う店で、クラスターは9人(利用客5、従業員4)に拡大。熊本市の6人は20~70代の男女。甲佐町の1人は施設職員の20代女性。菊陽町の1人は会社員の20代女性。同市が6日に公表した男子学生4人(いずれも20代、中央区)のうち3人は、先に陽性が判明した20代男子学生と会食していた。残る1人も会話していた。

 一方、11月14日に感染が確認された上天草市の堀江隆臣市長は7日、約3週間ぶりに公務復帰した。

 7日午前10時時点の入院患者数は前日比4人減の73人(重症7、中等症13、軽症40、無症状13)。病床稼働率は1・0ポイント減の18・3%。ホテルでの宿泊療養は2人増の21人。(志賀茉里耶、中尾有希、松冨浩之)

熊本県内の新型コロナウイルス感染状況一覧
※集計時間が異なるため、記事とは人数が違う場合があります。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note