復興願う大輪花火 「るろうに剣心」撮影の人吉市

熊本日日新聞 | 2021年03月25日 07:16

熊本地震と昨年7月の豪雨災害からの復興を祈願して打ち上げられた花火=24日夜、人吉市(後藤仁孝)

 熊本地震と昨年7月の豪雨災害からの復興を祈願した花火が24日夜、人吉市で打ち上げられた。同市で一部撮影した映画「るろうに剣心 最終章TheFinal/TheBeginning」(2部作)の公開前イベントの一環で、約1分半、大輪が被災地の夜空を彩った。

 映画は佐藤健さん主演の人気シリーズ。前作を県内で撮影したのに続き、今回は「TheFinal」(4月23日公開)の冒頭場面を2018年12月にJR人吉駅の石造りの機関庫で撮影した。

 花火は、配給のワーナー・ブラザース映画が事前告知なしのサプライズで企画し、約70発を打ち上げた。佐藤さんらが参加した東京でのオンラインイベントでも中継された。

 人吉駅待合室では、機関庫での撮影風景の写真やセットの一部を5月9日まで展示している。(中村勝洋、小山智史)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note