早掘り「高砂レンコン」収穫始まる 甘み、食感とも良し 熊本市西区 

熊本日日新聞 2024年5月22日 10:56
レンコンを一本ずつ掘り出す農家=22日、熊本市西区
レンコンを一本ずつ掘り出す農家=22日、熊本市西区

 出荷時期の早さで全国的に知られる「高砂[たかさご]レンコン」の収穫が22日、熊本市西区沖新町の高砂地区で始まった。6月下旬までハウス、その後は露地で栽培し、8月中旬までに約180トンの出荷を見込む。

 高砂レンコンは「早掘りレンコン」とも呼ばれ、あくのないみずみずしさと、シャキシャキした食感が特長。JA熊本市高砂蓮根部会によると、20軒が33ヘクタールで栽培している。

 この日は早朝から、同部会の藤本直人さん(76)ら2軒が収穫。高圧の水で土の中のレンコンを浮かせ、折れないよう一本ずつ丁寧に掘り出した。

 関東や関西に泥を落とした「洗い」、西日本を中心に「泥つき」を出荷。一部は熊本県内でも販売される。同部会の藤本武部会長(55)は「高砂レンコン特有の白さと甘みをぜひ味わってほしい」と話している。(米本充宏)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本の経済ニュース