プレミアム会員限定

島原・天草一揆 孤立無援な「デウスの御代」 <細川キリシタン群像/稲葉継陽⑰>

熊本日日新聞 2024年5月22日 06:05
細川忠利の弟・立允(りゅういん)が、天草一揆勃発時の現地の状況を細川家老衆に速報した書状の写し。須子(すじ)村(現天草市有明町)の百姓たちはクルスを掲げて鉄砲等で武装し、寺沢家代官・三宅藤兵衛の支配はすでに過去のもの、「今はデウスの御代にて候」と言い放ったという(公益財団法人永青文庫所蔵)

 信仰、弾圧、差別、飢饉[ききん]、国境[くにざかい]、強制動員、戦争暴力。この連載に取り組む中で、島原・天草一揆には、現代に通じるあらゆる問題が絡み付いているのに気づいた。  16世紀後半、宣教師らが広めた教えは、現在のカトリックとは異...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

残り 2060字(全文 2180字)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本の文化・芸能