八代特産の酒で乾杯を トマトのクラフトビール、ショウガの梅酒が相次いで完成 市内2事業者

熊本日日新聞 2024年4月2日 19:32
「生姜梅酒およね御前」の完成を中村博生・八代市長(左から3人目)に報告する生産者たち。右から3人目が橋永農園の橋永高徳さん=19日、八代市役所
「生姜梅酒およね御前」の完成を中村博生・八代市長(左から3人目)に報告する生産者たち。右から3人目が橋永農園の橋永高徳さん=19日、八代市役所
トマト果汁を使った「ヤツシロトマトドラフトICHI(壱)」
トマト果汁を使った「ヤツシロトマトドラフトICHI(壱)」

 熊本県八代市特産のトマトを使ったクラフトビールとショウガを使った梅酒が相次いで完成し、開発した事業者らは「八代ならではの味で乾杯してほしい」と呼びかけている。

 ビールは市の施設「八代よかとこ物産館」の福田周作副館長(46)が手がけた「ヤツシロトマトドラフトICHI(壱)」。物産館初の独自商品として既存のトマト加工品とは異なる品目を検討。県外の醸造所でドイツ産麦芽、ホップ、トマト果汁を発酵させ、ホップの苦味とトマトの風味が溶け合う逸品に仕立てた。

 1本800円(330ミリリットル)。物産館に並べるほか、オンラインや卸売業者を通した販売も予定する。

 梅酒はショウガの産地、八代市東陽町の橋永農園が開発した「生姜[しょうが]梅酒およね御前」。地元産ウメ「翠香[すいこう]」の梅酒にショウガスライスを1~2カ月漬け込み、ピリッとした辛口に仕上げた。

 橋永高徳社長(65)は「商品名には地元の歴史上の人物、およね御前の名前を借りた。地域のPRに一役買いたい」。湯前町の林酒造場に製造を委託し、4月から同農園などで販売する。1本2200円(200ミリリットル)。(河内正一郎)

KUMANICHIPICK

くまにちレコメンド
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本のニュース