「ほかげ」 戦争の傷痕見つめる眼差し 【熊本シネマレビュー】

熊本日日新聞 | 2023年12月10日 06:05

image

 戦争とはなにかを問い続けてきた塚本晋也監督の、魂の奥底まで強く揺り動かしてくるような圧倒的な作品である。  物語は戦後間もない廃虚跡。女と男の二つの話からなっている。前半は焼け残った居酒屋に住む女(趣里)。体を売って生きる女の店に孤児の...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 636字(全文 756字)

KUMANICHI レコメンド

熊本の文化・芸能

ランキング

お出かけ情報