八代市でカモメ1羽が鳥インフル 熊本県が高病原性を調査

熊本日日新聞 | 2023年12月7日 17:18

image

 熊本県は7日、八代市で衰弱したセグロカモメ1羽が見つかり、遺伝子検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。ウイルスが高病原性かどうか調べており、数日中に判明する見通し。  環境省は、回収地点から半径10キロ圏内を野鳥...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 300字(全文 420字)

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報