流行長期化、薬が足りない 熊本県内でインフルエンザ「警報レベル」 医療現場に戸惑い

熊本日日新聞 | 2023年11月30日 20:23

image

 熊本県内でインフルエンザの患者数が増加し、過去最も早い時期に「警報レベル」を超えた。昨年末から流行が1年続き「大流行」を迎えた異例の感染状況。医療現場からは「今後の動向は予想がつかない」と戸惑いの声が上がる。流行長期化での薬不足も深刻だ。...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 889字(全文 1009字)

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報