【あの時何が 鶴屋百貨店編⑥】売り場再開へ社員ら奔走 「街に活気を」

熊本日日新聞 | 2017年3月3日 00:00

image

 4月16日の熊本地震の本震後、鶴屋百貨店(熊本市中央区)の商品本部長を務める常務井上一壽[かずとし](60)は、早期の営業再開に考えを巡らせていた。人けの消えた中心商店街を目の当たりにし、思いはなおさらだった。  2日後に本館の構造上の...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1004字(全文 1124字)

KUMANICHI レコメンド

熊本地震

ランキング

お出かけ情報