【あの時何が 鶴屋百貨店編⑤】仙台から援軍、「恩返し」の助言で希望

熊本日日新聞 | 2017年3月2日 00:00

image

 4月20日昼すぎ、鶴屋百貨店(熊本市中央区)の対策本部を作業着姿の男性3人が訪れた。東北を代表する仙台市の老舗百貨店「藤崎」からの援軍だった。  2011年3月の東日本大震災で、藤崎も被災して休業を強いられた。その際、鶴屋の社員らが九州...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 933字(全文 1053字)

KUMANICHI レコメンド

熊本地震

ランキング

お出かけ情報