【あの時何が 外国人被災者編④】「安心させたい」言葉、文化の違い配慮

熊本日日新聞 | 2017年5月17日 00:00

image

 「どう行動したらよいのか」「県外に出る手段を教えて」。熊本地震の本震が発生した昨年4月16日、外国人避難所となった熊本市国際交流会館(同市中央区)のフロアは、助けを求める人々であふれかえった。  バングラデシュ人の留学生と家族、中国人の...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 916字(全文 1036字)

KUMANICHI レコメンド

熊本地震

ランキング

お出かけ情報