【あの時何が 八代市立博物館編③】本震発生 「幻」になった展覧会

熊本日日新聞 | 2017年12月19日 00:00

image

 「タクシーで博多に向かっている間も何度か余震が来た。通行できない道路や橋があり、農道までも通って熊本を抜けました」  京都の相国寺承天閣美術館の事務局長、鈴木景雲(62)は、熊本地震の前震に見舞われた直後の“熊本脱出劇”をドラマのようだ...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 916字(全文 1036字)

KUMANICHI レコメンド

熊本地震

ランキング

お出かけ情報