【あの時何が 赤十字飛行隊編⑦】 住民、学生が助け合い「つないだ命、守らんと」

熊本日日新聞 | 2016年10月30日 00:00

image

 宵の雨が、体育館をたたきつけていた。  4月16日夜。悪天候で自衛隊のヘリコプターが引き返したころ、南阿蘇村黒川地区の東海大阿蘇キャンパスでは、学内の備蓄食料だったようかんが配られていた。ただ、熊本地震で避難した千人近くが分け合うには十...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 888字(全文 1008字)

KUMANICHI レコメンド

熊本地震

ランキング

お出かけ情報