県最賃821円→853円 賃上げ支援施策、熊本労働局が県に周知協力要請

熊本日日新聞 | 2022年9月21日 13:06

賃上げ支援策の周知協力を求め、蒲島郁夫知事宛ての要請文を県の担当者に手渡す熊本労働局の新田峰雄局長(右)=21日、県庁

 10月1日に県最低賃金が現行の時給821円から32円増の853円に引き上げられるのを前に、熊本労働局の新田峰雄局長が21日、賃上げを支援する国の「業務改善助成金」など各種施策の周知への協力を県に要請した。県はウェブサイトや各種会議を通じて周知に努める意向を伝えた。

 最低賃金は全ての労働者に適用される賃金の下限額で、今回の県内の引き上げ幅は過去最大となる。熊本地方最低賃金審議会は改定額の答申と合わせ、賃上げ支援策の拡充と周知、関係機関への働きかけを労働局に求めていた。

 業務改善助成金は、職場内の最賃を一定額以上引き上げた中小・小規模事業者の設備投資などの費用の一部を助成する。9月には事業者の助成率を引き上げたほか、原材料高で直近の利益率が前年同月に比べて3%以上低下した事業者を優遇する特例を設けた。(中原功一朗)

ランキング

イベント情報