ニホンジカによる林業被害削減へ「小規模エリアで捕獲目標を」 森林総合研究所・鈴木さんら論文発表 県内の生息密度を地域別分析

熊本日日新聞 | 2022年9月9日 09:38

image

 森林総合研究所九州支所(熊本市中央区)の主任研究員・鈴木圭さん(38)と、県林業研究・研修センター(同区)の研究グループは8日までに、ニホンジカによる林業被害の削減に向け、「市町村などより小さなエリアごとに捕獲数の目標を決めるのが効果的だ...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 591字(全文 711字)

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報