大西・熊本市長が新型コロナ感染 自宅で療養、公務キャンセル

熊本日日新聞 | 2022年7月28日 18:13

image

 熊本市は28日、大西一史市長が新型コロナウイルスに感染したと発表した。熱とせき、喉の痛み、けん怠感があり、自宅で療養している。感染者の待機に関するルールでは、市長が発症した27日から最低でも10日が経過しないと仕事に復帰できないため、市役...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 343字(全文 463字)

新型コロナ

ランキング

イベント情報