「日奈久断層帯は動かず」「広い意味で熊本地震の余震」 6月、美里町で震度5弱 東北大の遠田教授が見解

熊本日日新聞 | 2022年7月19日 20:19

日奈久断層帯の北端部に位置する道路に熊本地震後に出現した亀裂を指差す遠田晋次教授。「6月の地震の影響は及んでいない」と話す=14日、御船町

 東北大災害科学国際研究所の遠田晋次教授(地質学)は、6月26日に熊本県美里町で最大震度5弱を観測した地震について「日奈久断層帯」は動かなかったとの見解を示した。7月中旬、熊本入りして調べた。

 日奈久断層帯は、2016年の熊本地震で動いていない部分が多いとされる。遠田教授は今回の地震の震央が、日奈久断層帯の東隣に位置することに注目。日奈久断層帯は北西方向に傾いて地中に延びているとみており、これが動く場合は、震央は断層帯の西側になると考えられるという。このことから遠田教授は、別の小規模断層が動いたと推察した。

 熊本地震後に日奈久断層帯の北端部(御船町高木)に出現した道路の亀裂と今回の地震の関連についても調査。亀裂に目立った変化がないことから、今回の地震の影響は及んでいないと分析した。一方で、今回の地震を「広い意味で熊本地震の余震ととらえられる」と位置づけ。県内の地震活動は収束していないとし「熊本地震の前の状態には戻っていない」とみている。

 今回の地震はマグニチュード(M)4・7。遠田教授は「M5クラスの地震はどこでも起きる可能性がある」とした上で、6月に石川県で発生した地震はM5・4と中規模だったにもかかわらず最大震度が6弱だったことから「地盤の状況次第で、震央付近の揺れは局所的に大きくなる」と、大地震への備えを呼びかけた。(中原功一朗)

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube