夕方から温泉、空き時間に釣り 38歳「旅先で仕事」実践 環境変わり新鮮、生産性アップ

熊本日日新聞 | 2021年1月11日 15:14

image

 昨年11月下旬、錦江湾の先に桜島を望む鹿児島県指宿市の海辺。山の稜線[りょうせん]にあかね色が差す午前6時半、森田晃輝さん(38)の1日が散歩で始まった。  熊本市の自宅から遊びに来た長男(4)も一緒。「指宿滞在の2カ月で体重が8キロ落...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1033字(全文 1153字)

KUMANICHI レコメンド

新型コロナ

ランキング

お出かけ情報