治水専用の流水型ダム建設 村づくり描けぬ道筋 五木村、再び水没迫られる

熊本日日新聞 | 2021年12月8日 10:33

<解説> 国土交通省が球磨川の治水策として、従来の川辺川ダム計画と同じ相良村四浦の峡谷に治水専用の流水型ダムを建設する方針を示した。事実上中止された川辺川ダムの水没予定地を抱える五木村は「ダムなし」の村づくりを進めてきたが、再び水没を迫られ...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 567字(全文 687字)

熊本豪雨

ランキング

イベント情報