「民意」に翻弄、ダムの教訓 元五木村長・和田拓也さん

熊本日日新聞 | 2021年3月22日 00:00

image

 川辺川ダムの歴史は「分断」と「喪失」の歴史でもある。ダムができれば中心部が水没する五木村は、自ら望んだわけでもない巨大公共事業によって、流域自治体との関係や村民に分断が生じ、かつての姿を失い、振り回されてきた。人生の大半をダム問題に費やし...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 2409字(全文 2529字)

ランキング

イベント情報