ウイルスと敵対せず「共生」を 長崎大熱帯医学研究所教授・山本太郎さん

熊本日日新聞 | 2021年2月13日 00:00

image

 新型コロナウイルスの県内感染者が初めて確認されて1年。人類と感染症の歴史に詳しい長崎大熱帯医学研究所の山本太郎教授(56)は、ウイルスを「敵」とみなす考え方が人間社会に分断をもたらすと言う。「ウイルスとの共生」という視点で収束の道筋を描き...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 2167字(全文 2287字)

ランキング

イベント情報