KMバイオ、治験が最終段階に 新型コロナワクチン、2千人規模で開始

熊本日日新聞 | 2021年10月22日 19:48

image

 KMバイオロジクス(熊本市)は22日、開発中の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)が最終段階に入り、2千人に規模を拡大した治験を国内で始めたと発表した。この日、被験者数人に1回目を接種した。2022年度中の実用化を目指している。 ...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 290字(全文 410字)

ランキング

イベント情報