マダニ媒介の感染症、昨年の倍近くに 熊本県内 山や森林では注意を

熊本日日新聞 | 2021年10月7日 18:44

image

 9月27日~10月3日の熊本県感染症情報によると、マダニが媒介する日本紅斑熱の患者1人が県内医療機関から報告された。昨年の倍近く増えており、県健康危機管理課は「秋の行楽シーズンにあり、マダニが生息する山や森林に入る際には肌の露出を少なくし...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 387字(全文 507字)

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報