山本秀久さん死去、85歳 元自民熊本県連会長・県議  

熊本日日新聞 | 2021年10月01日 13:00

山本秀久氏

 自民党熊本県連会長を務めた元県議の山本秀久(やまもと・ひでひさ)さんが9月29日午前10時56分、慢性心不全のため死去した。85歳。通夜、葬儀は近親者のみで済ませた。喪主は長男恭永(たかひさ)さん。自宅は芦北町道川内198。

 芦北町生まれ。1979(昭和54)年に芦北郡区から県議に初当選し、通算10期。水俣・芦北地域の振興計画や、南九州西回り自動車道の整備推進などに尽力した。95年5月から96年3月まで県議会議長。

 自民党県連では91年9月から93年6月まで幹事長を務め、2007年9月に会長に就任。17年12月まで熊本の自民党の重鎮として党所属議員をまとめた。会長在任期間は10年3カ月に上り、故河津寅雄氏の16年8カ月に次いで歴代2番目。

 蒲島郁夫知事が初めて立候補した08年の選挙では、県連として「公認を超える全面支援」を決定。蒲島県政の誕生を後押しした。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube