高額介護合算療養費を40万円過払い 熊本県八代市

熊本日日新聞 | 2020年12月24日 10:58

 熊本県八代市は23日、医療保険と介護保険の両サービスを利用し、自己負担が限度額を超えた場合に払い戻される高額介護合算療養費について、2人分の計40万6900円を過払いしていたと発表した。

 1人は2017年度から3年間分の35万9661円、もう1人は17年度分の4万7239円。市によると、いずれも重度心身障害者医療費の助成を受けており、控除した上で合算療養費を算定するが、控除していなかった。20年度分の支給額を計算する際に過払いミスが見つかり、資料が残る過去5年間を調べて分かった。

 市はこの日、本人や家族に謝罪。過払い分は、金融機関を通して返納してもらうか、受給している助成金から差し引くかのいずれかを選んでもらう。

 市国保ねんきん課は「支給に関するマニュアルを見直し、複数職員での確認などチェック体制を強化して、再発防止に努める」としている。(元村彩)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note