ラフティング、2021年春再開目指す 球磨川の姿一変、復旧急ぐ 【ランドアース(球磨村)社長・迫田重光氏】

熊本日日新聞 | 2020年12月8日 00:00

image

 7月豪雨が発生して以降、球磨川流域のラフティング業者の多くは、自らも被災しながら救助活動や災害ごみの撤去などの復旧作業に汗を流している。生業[なりわい]の場でもあった川はどうなっているのか。ランドアース(球磨村)の迫田重光社長に聞いた。(...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1049字(全文 1169字)

ランキング

イベント情報