(6)進まぬ集団移転 時間、費用…合意難しく

熊本日日新聞 | 2021年3月17日 00:00

image

 「ここを離れれば、先代に申し訳なか。苦渋の選択タイ」。穏やかに晴れた3月3日、人吉市中神町の球磨川左岸にある大柿地区。町内会長の一橋國廣さん(76)は、ここに住み続ける決意を口にした。陽光が差し込む自宅の中は、天井の骨組みがむきだしだった...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 969字(全文 1089字)

ランキング

イベント情報