(4)崩されたハード対策 「命守る」個人の意識重要

熊本日日新聞 | 2021年3月14日 00:00

image

 「万里の長城」-。岩手県宮古市の田老地区には、住民がこう呼んで見上げた防潮堤があった。東日本大震災の津波は、戦後築かれたその防潮堤を崩し、地区の181人が犠牲になった。津波に何度も襲われた田老。住民は今、避難などソフト面の備えも万全にして...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 976字(全文 1096字)

ランキング

イベント情報