(2)洋上の水蒸気観測 線状降水帯の予測強化へ

熊本日日新聞 | 2021年2月24日 00:00

image

 東京都港区台場の沖合に、全長80メートルの白亜の船舶2隻が停泊している。最新のレーダーや観測機器を搭載した気象庁の海洋気象観測船「啓風丸」と「凌風丸」だ。海洋上の水蒸気量の観測を強化するため、今年から実践投入。線状降水帯の発生を高い精度で...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 936字(全文 1056字)

ランキング

イベント情報